大宮正安(1936~1995)

    略歴 1936:大宮安次郎の次男として山形県山形市双月で生まれる。 1952:父親の安次郎の元で木地修行を始める。しかし同年に安次郎が没する。その後、兄の安光(当初は新型こけし専門の工人、のちに能登屋系の伝統も作る)の元で修業をする。 1956:山形 […]

    奥山喜代治(1905~1972)

    略歴 1905:山形県村山市(旧北村山郡大久保村)で生まれる。 1921:肘折へ行く(17才)。運七より木地挽を習う 1923:奥山運七の養子となる。最上木工場へ入る。 1929:最上木工場が閉鎖される。(木工所が閉鎖された後は、養父の運七と共に温泉 […]

    【栃木県の民芸品・工芸品】日光豆茶道具や益子焼等

    今回の記事では、栃木県の郷土玩具や益子焼等の伝統工芸品を紹介していきます。 栃木県の郷土玩具 栃木では、日光のミニチュア茶道具(挽物細工)、うずまの鯰、ふくべ細工、の州のてんまり(手毬)、火防獅子、きびがら細工、黄鮒(張子)、木彫りの眠り猫や三猿など […]