MONTH

2021年7月

    阿部常吉(1904~1991)

    略歴 1904:山形県温海温泉にて阿部常松・登喜恵の次男として生まれる 1919:この頃より父親の常松工人のもとで木地師修業を始める 1921:鶴岡の竹野銀次郎工人のもとで2年間ほど見習い修業をする 1991:没 独特の表情が描かれたこけしの他にも、 […]

    新山福太郎(1898~1965)

    略歴 1897:弥治郎の新山久治郎・さとの四男として生まれる 1911:尋常小学校卒業。父(久治郎)、兄(久治)のもとで木地師修業を始める 1914:兄弟子蔦作蔵を頼り、小野川へ行く。一か月間職人として働く。 1920:上京。金工のロクロを挽く。 1 […]

    新山慶美(1925~2003)

    略歴 1925:新山慶治工人(佐藤幸太工人の二男)・かつ(新山栄五郎工人の長女)の長男として弥次郎にて生まれる。1927:山形県白布高湯へ転居1940:尋常小学校卒業。その後、父親も佐藤慶治(旧姓新山)工人の下で修業を始める。1943:船岡の海軍火薬 […]

    菊池孝太郎(1895~1992)

    略歴 1895:山形県に生まる。 1901:この頃に青根の木地師:菊地茂平氏の養子となる。 1907:小学校を卒業する。そして同時に13歳で小原直治工人のもとで木地修業を始めた。 1913:歩兵第29連隊に入営。 1914:東京で開催された大正博覧会 […]

    八幡馬

    八幡馬は青森県八戸を中心とした地域に古くから伝わる馬の形を模した木製の玩具です。仙台の「木ノ下駒」や福島の「三春駒」と並んで日本三駒に数えられています。また、八幡馬は青森県の伝統工芸品にも指定されています。 特徴 昔から馬の産地として知られる青森県八 […]