西山憲一 (1920-2003)土湯系こけし工人

略歴

1920:福島県土湯温泉にて「西山勝次」工人三男として生まれる

1935:高等小学校卒業。その後、父のもとで木地師修業を始める

1947:この頃よりこけしの製作を始める

1958:勝次型、作蔵型、辨之助型を作り一躍注目を浴びる

1982:この頃より娘の「英子」工人が面描を行うようになる

1995:三男の「敏彦」工人が弟子入りする

2003:没

勝次型、辨之助型は継続して作っていたが、作蔵型については山根屋の後継者(渡辺忠蔵、渡辺恒彦)工人が作り始めたのを機にその後はほとんど作らなくなった。

継承

土湯系こけし工人。

師匠は父親の「勝次」工人。弟子には三男の「敏彦」、娘の「英子」、木地師として弟子入りした「徳永慎一」「梅津正永」工人らがいます。

作品

西山憲一 こけし

昭和31年ごろの作品です。

西山憲一 サイン

西山憲一工人の署名

今回の記事は、 土湯系こけし工人「 西山憲一 」さんについての豆情報でした。少しでもお役に立てれば幸いです。また、今後、新たな情報が入手出来次第、加筆していきたいと思います。最後までお付き合いいただきありがとうございました。

こけしの最新記事8件