阿部平四郎 (1929-2013)/ Abe Heishiro

略歴

1929:秋田県川連の塗物師阿部常輔の五男に生まれる。

1947:高校を卒業と同時に高橋兵治郎工人の弟子となる。

1948:10月まで兵治郎の仕事場で木地の指導を受けた。その後、自宅で木地を挽く。

1949:秋田県大湯の木地業奈良靖規の工場に勤めて茶筒や新型こけしの木地を挽いた。

1950:警察予備隊の初募集に合格して、同年10月22日に入隊した。

1952:川連の自宅に戻り木地を再開する。

2013:没

継承

【継承系統】木地山系

【師匠】高橋兵次郎

【弟子】 陽子(妻)・木の実 (長女)、・北山賢一(横手)

初期は木地山様式の前垂れに工夫を加えた本人型を作っていました。その後、昭和33年に泰一郎型、昭和42年に米吉型の復元こけしを作り始めました。

作品

阿部平四郎 こけし

阿部平四郎 署名

阿部平四郎工人による署名

【English edition】 Biography of Abe Heishiro

Born March 10, 1929. He was the youngest of 11 siblings.

Graduated from Yokote Technical High School Mechanical Department in 1947. In April of the same year, he became a disciple of Hyojiro Takahashi.

Until October 1948, he was instructed in wood crafts at Hyoijiro’s workplace.

1950 Passed the first recruitment of the National Police Reserve. He joined the Police on October 22, the same year.

In 1952, he returned to his home in Kawatsura and resumed wood crafts. From this time on, he started making kokeshi dolls little by little.

He died on February 25, 2013, 85 years old.

His wife Yoko and his eldest daughter, Konomi, also learn the wood crafts and make kokeshi dolls. His disciple is Kenichi Kitayama of Yokote.

今回の記事は、 木地山系こけし工人「 阿部平四郎」さんについての豆情報でした。少しでもお役に立てれば幸いです。また、今後、新たな情報が入手出来次第、加筆していきたいと思います。最後までお付き合いいただきありがとうございました。

こけし 買取