新山慶美(1925-2003)/ Niiyama Keimi

略歴

1925:新山慶治工人(佐藤幸太工人の二男)・かつ(新山栄五郎工人の長女)の長男として弥次郎にて生まれる。
1927:山形県白布高湯へ転居
1940:尋常小学校卒業。その後、父親も佐藤慶治(旧姓新山)工人の下で修業を始める。
1943:船岡の海軍火薬廠に徴用される。
1945:二月に仙台師団に入隊する。
1960:父慶治工人が他界。土産品店経営を継ぐ。
1963:動力轆轤エ場を新設
1968:店を改築
2003:没

継承

初期の頃は木地玩具(提灯独楽や達磨輪投げ等)を中心に製作していましたが、終戦後、帰郷した後は父慶治工人の晩年の型を継承したこけしを作り始めました。また、昭和36年頃より幸太型などの古作を基にした作品を作り始めました。

【継承系統】弥次郎系

【師匠】佐藤慶治・旧姓新山慶治(父)

【弟子】新山純一(長男)・新山敏美(次男)。しかし、共に転職してしまった為に、幸太ー慶治の伝統を引き継いだ工人がいなくなってしまいました。

作品

新山慶美 弥次郎こけし

新山慶美 署名

新山慶美工人の署名

【English edition】 Biography of Niiyama Keimi

Born on August 3, 1925, as the eldest son of Keiji Niiyama.

After graduating from Jinjo Elementary School in 1940, he trained in Kiji about his father Keiji, and produced mainly toys such as cars, quoits, turtles, buckets, ringing tops, and lantern tops.

He was recruited to the Navy Explosives Factory in Funaoka in 1943, and joined the Sendai Division in February 1945.

After returning home after the end of the war, he returned to the woodworking industry and began making kokeshi dolls that inherited the pattern of his father Keiji.

In 1973, his eldest son, Junichi, began training in kokeshi doll making under Keimi.

He died on September 17, 1993, and was 79 years old.

今回の記事は弥治郎系幸太系列工人「新山慶美」さんについての豆情報でした。少しでもお役に立てれば幸いです。また、今後、新たな情報が入手出来次第、加筆していきたいと思います。最後までお付き合いいただきありがとうございました。

こけし 買取