木ノ下駒

今回の記事は宮城県仙台に伝わる木ノ下駒(きのしたこま)についての豆情報です。木ノ下駒は、青森県八戸地方の「八幡馬・やわたうま」、福島県三春の「三春駒・みはるこま」と並び、日本三駒の一つとして数えられる郷土玩具です。

木ノ下駒の話

産地

宮城県仙台に伝わる郷土民芸玩具です。もともとは陸奥国分寺薬師堂や竹駒神社の祭礼で馬の守護神・お守りとして販売されていた信仰玩具でした。

歴史

木ノ下駒の起源は古く、多賀城に国府があった時代まで遡ると伝えられています。この地方は当時から馬の産地とし知られており、朝廷の公事「駒牽」に馬を献上していたそうです。その献上する馬を選抜したのが木ノ下薬師堂で催される駒市でした。そして、それ等を模り作られたのが木ノ下駒の始まりとして伝えられています。

因みに「木ノ下駒」の名称は大正時代に宮城県庁の関係者によって県産品振興のために名付けられたそうです。そして、そのかわいらしい色彩と形状がお土産品として重宝され、全国にその名が知れ渡っていきました。

特徴

全体を黒く塗りつぶしたボディに白、赤、青、緑、黄色ので模様を描き、また、鬣と尾は棕櫚の繊維を植え込んで作られています。

作者

旧藩政(江戸時代)まで継承されてきた伝統的な木馬の作者は途絶えてしまいました。その後、新しいスタイルで復興された(木ノ下駒)は昭和期頃までは仙台市若林区連坊の「菅野実」さん、通町の本郷家、南鍛治町の柴田商工が制作されていましたがそれも途絶え、現在では「社会福祉施設工房けやき」のみの製作になってしまったそうです。

今回は素朴で美しい郷土玩具「木ノ下駒」についてのお話でした。今後も伝統が途絶えることなく、継承されていくことを願っています。

ご不要の郷土玩具の整理をされる方はぜひこちらの記事もお読みください⇒「郷土玩具の買取案内