【青森県の民芸品・工芸品】青森土人形・下川原焼他

ねぶた祭りで知られる青森県は郷土玩具の種類も豊富です。

今回の記事では、そんなねぶた祭りにまつわる玩具や日本三駒のひとつに数えられる八幡駒など、素朴でありながらも力強さを兼ね備えた青森の民芸品を紹介していきたいと思います。

青森県の郷土玩具の種類と特徴

青森市周辺

青森市で作られている(いた)郷土玩具には手びねり人形や張子、木彫りの猿乗り八幡駒(共に福原英次郎氏による作品)や灯玩具の金魚ねぶたなどがあります。

福原英次郎さんによる青森人形(廃絶)

青森人形は昭和の初期から1970年代の後半まで、青森市の美術骨董商であった「福原英次郎」さんによって作られていた自由で奔放自在な人形です。

青森県の郷土玩具

手びねりの土人形や張子の飾り馬、木彫りの猿乗り八幡馬が作られていました。独特の色彩と型のない自由でユニークな作品でした。廃絶が惜しまれます。

灯玩具の金魚ねぶた

ねぶた祭りにちなんだものとして灯玩具である金魚ねぶたがあります。大きさは大体30㎝程度です。十文字に組んだ木の土台の上部に竹ひごを金魚の形に組み上げ和紙を張った灯篭です。彩色は全体を赤で塗り模様がつけられます。大きさは大体30㎝程度です。

善知鳥彫ダルマ(うとうぼりだるま)

青森県の文化振興に功績のあった今克巳氏が大正10年頃よりロダンの作品からヒントを得て取り組んだのが始まりです。木の自然な割れを最大限に生かして作られる一刀彫ダルマです。

弘前周辺

弘前市周辺では、勇壮な武者絵が美しい扇灯篭を小型化した扇ねぷたや津軽凧、また、木彫りの弘前馬コがあり、その他にも種類が豊富な下川原焼の鳩笛や人形笛、津軽系こけしや工人さんによるずぐり独楽が等が作られています。

弘前の扇ねぷたと津軽凧

弘前市のねぷた祭りを飾る扇灯籠を小型化したものです。勇壮な武者絵が見所で、こちらも金魚ねぶたと同様に灯玩具になっています。作者は「大瀬勝弘」さん。始まりは不詳ですが戦前から作られていたそうです。

津軽凧は勇ましい武者絵が描かれた凧です。普通、凧といえば竹ひごで骨組みを作りますがこちらヒバ材で組みます。竹の育たない地方ならではのアイデアです。

※雑談ですが、青森市では「ねた」、弘前では「ねた」と呼ぶそうです。

ルーツは奉納玩具の神馬「弘前馬コ」

元々は黒石の木馬と呼ばれていた神社に奉納するためにつくられていたもので、車輪を付けた台座に取り付けられていました。実際に子供を乗せて引く事ができるくらいの大きさだったそうです。

そして一度、途絶えてしまったものを「宮川勉」さんが昭和24年に復興されました。ノミひとつで作る素朴な木馬で、大・中・小の3種類のサイズがあります。

下川原焼の鳩笛・人形笛・土鈴

江戸時代後半に九州で陶器制作の技術を習得した初代高谷金蔵氏が下川原に窯を築いたのが始まりです。平成8年に県の伝統工芸品に指定されています。

この下川原焼の中でも圧巻なのが人形笛と呼ばれる5~6cm程度の小さな土笛です。その種類は70種以上もあるとか。

その題材は鯛えびす等の縁起物、子守などの風俗、その他、童話や伝説など様々なものをモチーフとしています。

鳩笛にはピンクで絵付けされたものと白のみの彩色の2種類があります。

下川原の鳩笛

八戸周辺

古くから名玩として知られる八幡駒や豊年祈願の祭事で使用される被りものであるえんぶりの烏帽子や八戸のくけまり(手まり)などが作られています。

八戸の八幡馬

日本の三駒のひとつに数えられる八幡馬。古くから名玩として知られてきました。昔は周辺の集落では農閑期の副業として作られていてこの地で暮らす人々の貴重な収入源の一つにもなっていました。

八戸の八幡馬

くけまり

古布や屑布を利用して作られてきた「くけまり」と呼ばれる手毬りがあります。昔は各家庭で作られてきましたが、現代では老人会などでその伝統を受け継ぎ作られているようです。

青森県の独楽とこけし

青森県では津軽系(温湯・大鰐・弘前)と呼ばれるこけしが継承されてきました。他の系統ほど決まった型は無いものの、ダルマ絵やねぶた絵など独特のこけしが作られています。

青森のこけし

また、それらの工人さんによるずぐり独楽があります。青森独特の挽き物細工の木地玩具で、窪んだ形状の中にさらに独楽を挽き、二重、三重にもなっています。そして、それらにはこけし同様に青森独特の模様が描かれます。

作品

青森県の伝統工芸品

令和2年12月末時点で32品目が指定されています。

津軽塗

通称「津軽馬鹿塗」と称され大変な手間のかかる作業を経て作られます。

津軽藩四代藩主信政の時代に創始され、明治時代初期に産業として確立されました。また、唐塗・七々子塗・紋紗塗・錦塗の四つの技法が継承されています。昭和50年に国によって伝統的工芸品とし指定されました。また、平成8年には県による指定、そして平成29年に重要無形文化財として技術指定、津軽塗技術保存会が保持団体認定を受けました。

津軽焼

津軽焼の創始は四代藩主信政公の時代に遡ります。藩主御用達として主に調度品や日用雑器類が作られていたそうです。しかし、時代に波に押され大正時代に途絶えてしまいました。そして、昭和に再興された津軽焼が現在へと受け継がれています。地元の土を使い黒天目釉やりんごの木灰を原料とするりんご釉を掛けて作られる作品が主流になっています。

主な津軽焼の工房

  • 高野陶房
  • ひろの窯
  • 津軽千代造窯

八戸焼

江戸時代末期まで八戸の山中で焼かれていた陶器です。主に庶民の為の日常雑器を作り民窯として発展してきました。そして、津軽焼同様に一時廃絶してしまいましたが「渡辺昭山」氏によって昭和50年に再興されました。八戸市内で採取された粘土に工夫を加え、いにしえの八戸焼を再現しています。

その他の青森県指定の伝統工芸品

あけび蔓細工、津軽竹籠、ひば曲物、こぎん刺し、南部裂織、津軽裂織、南部菱刺し、津軽びいどろ、錦石細工、南部姫毬、きみがらスリッパ、目屋人形、津軽打刃物、津軽桐下駄、南部総桐箪笥、太鼓、ねぶたハネト人形、津軽組ひも、五戸ばおり、南部花形組子、ブナコがあります。

今回の記事は青森県で作られている郷土玩具や工芸品についての豆情報でした。また追加の情報が入り次第加筆していきます。