【北海道の民芸】アイヌ彫刻・熊の木彫他・郷土玩具や工芸品を紹介

北海道の郷土民芸品といえば、まず、木彫りの熊を思い浮かべる方が多いかと思います。

そんな熊の木彫りひとつをとっても、地域によって彫り方も様々という事をご存知でしたか?

毛並みを細かく彫刻したり、または、大胆に鑿の跡を残した野性味あふれる作品などなど。

今回は、北海道の広大な大自然の中で生み出される民芸品や工芸品について紹介していきます。

北海道の民芸品の種類と特徴

北海道の民芸品には、木彫りの熊(八雲・近文)、オロッコ族のセワポロロ、網走のニポポ、ムックリ(口琵琶)、イナウ人形、えんじゅの木彫り(シマフクロウやコロボックル)、北海道神宮の土鈴、きたきつね鈴、熊ぼっこ、アイヌの木船や一刀彫、アットゥシ織物・二風谷イタ等があります。

木彫りの熊

まずはじめに、北海道に代表的な民芸品である木彫りの熊についてお話したいと思います。

北海道の熊の木彫り

その始まりは、この地を開拓し八雲に徳川農場を経営していた徳川義親氏が大正10年から11年にかけてヨーロッパの農民生活を視察した際にスイスの農村で作られていた木彫りの熊を持ち帰り、八雲の農民に冬期の副業として勧めたことが始まりと言われています。

そして、好評を得たことにより昭和の初期から中期にかけてお土産品としてたくさんの木彫熊が作られていきました。特に盛んだった産地は八雲と旭川の近文が有名です。

えんじゅ(槐)のシマフクロウやコロボックル

昭和の中期ぐらいから盛んに作られるようになったのが「えんじゅ」の木材を使用した木彫りの置物です。

コロボックル

えんじゅの特徴(削り方により白い部分と茶色の部分がはっきりと分かれる)を利用した彫刻で、主にアイヌの守護神でもある「シマフクロウ」や伝説に登場する小人の「コロボックル」等が作られています。

網走の二ポポ

網走刑務所の受刑者によって更生の一環として作られている一刀彫の「二ポポ」があります。

二ポポ

八角形の胴体に角ばった頭がついている像で、彩色はされず木目の美しさを生かしたつくりとなっています。

モチーフは樺太アイヌのマスコットであり神様の「アイヌ二ポポ」からヒント得て始まりました。」そして、この二ポポには「小さな木の人形(子供)」の意味があり、願いをかけると必ずかなえてくれるという言い伝えがあるそうです。

オロッコ族のセワポロロ

北方の民族であるオロッコ族の人々が、幸運をもたらす人形として信仰していた偶像から作りだされた郷土玩具です。

このセワポロロのセワとは偉大な神様のことで願い事は何でもかなえてくれると信じられてきました。

イナウ人形

イナウとはアイヌの伝統的な神祭用具でヤナギやミズキ、ハシドイ等の樹皮をはぎ取ったあとの白木の部分を薄く削って作られます。

このイナウと同じ技法で作られたのがイナウ人形です。

北海道の伝統工芸品

北海道で作られている伝統工芸品を紹介します。

アットゥシ織(アッシ織)

アッシ織 アイヌ模様

オヒョウの木の皮の繊維を織りこんで作る織物です。経済産業省の伝統工芸品に認定されています。手仕事で制作されたアットゥシ(アッシ)織は美術的にも価値の高い織物です。

二風谷イタ

アイヌ 盆

二風谷イタとは平らな形をしたお盆です。表面には古くから伝わるアイヌ模様が彫刻されます。こちらも伝統工芸品に認定されています。

作品ギャラリー(北海道)

以上が北海道の民芸品の紹介でした。まだまだ、紹介しきれないものもたくさんありますが、それはまた別の機会に。

最後までお付き合いくださりありがとうございました。また別の記事でお会いしましょう。