【蔵王・高湯こけし】その特徴と作品を紹介【蔵王系工人一覧表】

山形県の南東部、蔵王温泉や高湯温泉周辺で継承てきた蔵王・高湯系。今回はその特徴を作品を交えながら紹介していきます。

蔵王・高湯系の特徴

蔵王・高湯系は遠苅田の技術が伝わり変化して継承されてきた系統です。胴体は太く安定感のある形をしています。

構造は頭部を胴体に嵌め込む『はめ込み式』となっています。また、黒髪のおかっぱ頭が多いのも特徴のひとつです。

胴の模様には菊やサクラの他、さまざまな植物が描かれます。

面白いところでは「桜崩し」と呼ばれる模様があり、桜の花びらが風になびく様子を簡略化し表現されています。

初期のころは比較的素朴な作風でしたが、時を経るにつれ、装飾的な要素が加わり、華麗なものへと変化していきました。

  • 胴は比較的太く安定した形状をしている
  • 遠刈田から伝わり変化してきた
  • はめ込み式の構造
  • おかっぱ頭が多く見受けられる
  • 胴体には様々な植物が描かれる

蔵王・高湯系の作品ギャラリー

蔵王系の工人一覧です

  • 秋山一雄(1935-1991)
  • 秋山慶一郎(1890-1964)
  • 阿部進矢(1937-)独立系とも
  • 阿部常吉(1904-1991)独立系とも
  • 阿部好(1934-)
  • 有路静夫(1939-)
  • 石沢角四郎(1894-1969)
  • 石沢寅雄(1926-2009)
  • 石山健一(1946-)
  • 石山和夫(1929-2017)
  • 石山三四郎(1909-1996)
  • 石山敏幸(1957-)
  • 石山よね子(1932-)
  • 伊東東雄(1937-)
  • 梅木修一(1929-)
  • 梅木直美(1968-)
  • 遠藤幸三(1911-1991)
  • 大宮安次郎(1901-1952)
  • 大宮正貴(1939-1990)
  • 大宮正安(1936-1995)
  • 大宮安光(1934-)
  • 岡崎栄治郎(1872-1937)
  • 岡崎長次郎(1878-1954)
  • 岡崎幾雄(1935-)
  • 岡崎久太郎(1888-1951)
  • 岡崎昭一(1941-1995)
  • 岡崎せつ子(1948-)
  • 岡崎常雄(1922-)
  • 岡崎栄作(1886-1950)
  • 岡崎直志(1911-1976)
  • 岡村豊太郎(1908-1993)
  • 海谷ふみ(1939-)
  • 海谷好雄(1940-2016)
  • 木村吉太郎(1896-1972)
  • 木村祐助(1924-2019)
  • 木村吉一(1951-)
  • 近藤政光(1914-1982)
  • 斎藤昭(1927-)
  • 斎藤崇広(1942-2019)
  • 斎藤健男(1929-2016)
  • 斎藤松治(1877-1948)
  • 斎藤松助(1902-1976)
  • 斎藤源吉(1885-1964)
  • 斎藤源七(1912-1950)
  • 斎藤礼子(1945-)
  • 志田楓(1996-)
  • 志田菊麻呂(1892-1984)
  • 志田菊宏(1959-)
  • 白鳥保子(1961-)
  • 田中敦夫(1938-2003)
  • 田中恵治(1953-)
  • 橋本力蔵(1903-1957)
  • 水戸寛(1933-2019)
  • 吉田昭(1940-)

今回は蔵王・高湯系についての記事でした。最後までお付き合いくださりありがとうございました。また別の記事でお会いしましょう。